2014年03月11日

平成25年度 尾北支部青年委員会研修旅行の報告

2月23日、24日に青年委員会の研修旅行を開催しました。
今年度は62回目の式年遷宮が行われた伊勢、志摩へ行きました。

>> 1日目

まず外宮に到着し、栗生明さん作のせんぐう館を見学。

01.jpg
62回式年遷宮を記念して建設されたせんぐう館は
正殿等のディテールをモチーフに屋根の角度などをデザインしているそうです。

02.jpg
※内部の写真はNGとのことで休憩場のみ。
H25-S03.jpg
屋根を見ると瓦のようでもこんなに長いものは見たことない・・・
調べてみると鋳鉄製板という特注品で世界最長とのこと。
H25-S03-2.jpg
おそらくこの屋根の形状からきているのでは。

そして遷宮を終えた御正殿へ
H25-S06.jpg
新旧が立ち並ぶ姿はあとわずかです。
役を終えた御正殿の扉は開放されていて
魂が抜けたようなそんな雰囲気を漂わせていました。

内宮へ向かう前に腹ごしらえです。
H25-S07.jpg
旅の醍醐味昼からビールです。
遷宮記念ビールが出迎えてくれました。

内宮へ到着
H25-S08.jpg

H25-S09.jpg
五十鈴側で身を清め神聖な空気を感じながら御正宮へ

H25-S11.jpg

H25-S12.jpg
こちらも新旧が並んでいました。

H25-S13.jpg
御利益があったみたいです(笑)

H25-S14.jpg
おかげ横丁を散策してから神宮徴古館・農業館へ

H25-S15.jpg
ぎりぎりの時間になってしまい農業館へ行ったら
チケットは共通で徴古館でしか販売していないと言われ徴古館へ。
H25-S16.jpg
徴古館を見学して農業館へ戻るとまさかの施錠で人もいない・・・
仕方なく外観だけ見学しました。

H25-S17.jpg
海を臨む旅館へ着くと丁度日没でした。

H25-S19.jpg

H25-S20.jpg
夕食では伊勢の幸を満喫しました♪

>> 2日目

内藤廣さん代表作の海の博物館へ

H25-S22.jpg
何度見ても黒い焼杉の外壁と赤い鉄扉には圧倒されます。
H25-S23.jpg
20年も経っているのに斬新な空気を持っています。
H25-S24.jpg
潮風を受ける外壁がなんでこんなに風化しないのか・・・
塗装のスペシャリストは「焼杉だけじゃない、コールタールが塗ってある」と断言。
触ってみると確かにタールが指に付きました、なるほど勉強になります。

H25-S26.jpg
外観だけでなく、この建物のすごいのはこの木造の大断面。

H25-S25.jpg
下部のガラス張りとトップライトの効果で倉庫としての感覚を感じず、
明るく開放された空間です。

H25-S27.jpg
船の棟のPCコンクリート。
こちらは重要文化財を保存するために外気から遮断されていて
蔵といった雰囲気を感じます。

H25-S28.jpg
風化しないデザインですが、樋に空いた穴が時間の流れを感じさせてくれました。

最後に二見浦に建つ賓日館へ
H25-S29.jpg

H25-S33.jpg
賓客の為に明治時代に建設されたこの建物はたった3ヵ月で建てられたそうです。

H25-S30.jpg

H25-S31.jpg

H25-S32.jpg

H25-S34.jpg
装飾も細かく、場所場所で窓のデザインも違う。
3ヵ月でできる仕事とはとても考えられないことです。。。

最後にすぐ近くにあったので夫婦岩を見て旅は帰路につきました。
H25-S35.jpg
参加された皆様お疲れ様でした。

(尾北支部青年委員長 高橋)


posted by bihokusibu at 11:12| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。